TORAIZ(トライズ)の口コミ・評判【1000時間の英語漬け?】


この記事では「本気で英会話を習得したい人」におすすめのTORAIZ(トライズ)という英会話スクールをご紹介します。

TORAIZ(トライズ)ってどんな特徴のあるスクール?

・本当に英語を話せるようになる?

・良い口コミも悪い口コミ知りたい

こんな疑問にお答えしていきます。

TORAIZ(トライズ)って名前を初めて聞いたという方は以下の動画をご覧ください。


先に言ってしまうとTORAIZ(トライズ)とは、

1年間合計1000時間の学習により、英語を話せるようになるスクールです。

1000時間の学習は楽ではありません。

だからこそ成果が出るのです。

この記事でTORAIZ(トライズ)がどのようなスクールか理解できるよう、どこにも負けない情報量で徹底的に解説します!

 

 

TORAIZ(トライズ)とは?3つの特徴

①1年で1000時間の徹底した英語学習

②学習はリスニングとスピーキングに特化

③生徒一人ひとりに専属ネイティブ講師とコンサルタントがつく

特徴①1年で1000時間の徹底した英語学習


TORAIZ(トライズ)では、本当に1000時間勉強します

 

実際にTORAIZ(トライズ)公式HPを開いてみると真っ先に出てくる言葉は

「英語学習に魔法はない」

この言葉通り、1年で1000時間という膨大な時間英語を学ぶのです。

考えてみてください。

いくら英語が苦手でも1000時間勉強すれば、英語を話せるようになると思いませんか?

1000時間勉強するのはきついです。

だからこそ学習を続けることで、英語を話せるようになるという成果につながるのです。

特徴②学習はリスニングとスピーキングに特化


TORAIZ(トライズ)メソッドでは、英語を話す”ことに特化して学習を進めていきます。

 

具体的には、ネイティブ講師との週3回のレッスンは会話が中心です。

また日々課される自主学習の課題も以下のような内容になっています。

・英語を聞きながら真似して発音するシャドーイング
・スピーキングに必要な瞬間英作文のトレーニング

このようにリーディングやライティングをほとんど勉強しないのが特徴です。

 

TORAIZ(トライズ)メソッドでは、中学高校で学習してきた英語の知識をベースにします。

中学高校の英語で不足しがちなリスニング・スピーキングを集中的に学習し、日常・ビジネスで使える英語力を育みます。

特徴③生徒一人ひとりに専属ネイティブ講師とコンサルタントがつく

TORAIZ(トライズ)では受講生一人ひとりに専属ネイティブ講師と専属日本人コンサルタントがつきます。

週3回のレッスンは学んだ英語のアウトプットの機会。ネイティブ講師が担当します。

毎日のメールサポートと週2回の面談は日本人コンサルタントが行います。

更に毎月1回ネイティブ講師と日本人コンサルタントで、受講生の状況や悩みを共有し、次の指導や宿題に活かしていきます。

生徒一人ひとりに専属コンサルタントがつく英会話スクールはありますが、ネイティブ講師も専属というのはTORAIZ(トライズ)だけの特徴と言えるでしょう。

TORAIZ(トライズ)って何がすごい?3つの強み

①1年1000時間の学習で英語が話せるようになる

②応用言語学に基づいた正しい学習法で学べる

③継続率91%。今まで英語を挫折してきた人でも続けられる

強み①:1年1000時間の学習で英語が話せるようになる

TORAIZ(トライズ)が英語習得に必要だと考える学習時間は1000時間。

1000時間しっかり学習すれば、誰でも英語が話せるレベルまで到達します。

ではなぜ「1000時間」なのでしょうか?

そもそも日本語を母語とする人が英語を習得するためには2200時間が必要とされています。

英語と近い言語であるフランス語を母語とする人は600時間ですからね。

日本人が英語を習得するのは非常に大変なのです。

引き算して残り1000時間を、1年間集中して学習することで英語を話せるようになるのです。

実際にTORAIZ(トライズ)受講生2500人以上のデータから800時間~1000時間の学習によって、英語圏で生活できる英語力をつけられることがわかっています。

上の画像では200時間の学習で大きく英語力が伸びていますが、これはあくまで一時的なもの。

800時間を超えて初めて英語力が安定するのです。

最近では2~3ヶ月集中学習する英会話スクールも出てきていますが、これでは一生使える確かな英語力はつきません。

伸び悩み、壁にぶつかり、それを乗り越える経験をするからこそ、「いつでも使える・忘れない」英語力を習得できます。

1年間受講生を徹底的にサポートして、英語を話せるようにするのがTORAIZ(トライズ)の本当にすごいところです。

強み②応用言語学に基づいた正しい学習法で学べる

応用言語学にもとづき、「インタラクション」で第二言語の習得を目指すというアプローチを取ります。受講生が英語による会話において自分の英語知識の中から、自分自身で判断して、よりネイティブに伝わる表現でアウトプットする成功体験を積んで行きます。このような成功経験を学習期間中に積み重ねることで、ネイティブと英語でコミュニケーションをする際に、非ネイティブ話者としての限界を認識した上で、慌てずに会話できる能力と自信を得ることが可能になります。

※トライオン株式会社プレスリリースより抜粋

※インタラクション(仮説)とは大まかに言うと「対面でなんとかして意思疎通を図ろうとすることが、第二言語習得において非常に重要だ」という仮説です。

TORAIZ(トライズ)では週2回のオンラインレッスンと週1回のグループレッスンで、インタラクションの成功体験を積みます。

これは無理に難しい英語表現をするのではなく、自分の知っている簡単な単語の組み合わせで表現するということです。

TORAIZ(トライズ)では会話でよく使うフレーズを50~100個暗記することで、いつでも瞬時に出てくるように練習します。

例えば、

「Let me see …」(ええっと…)
「From now on …」(これからも、このあと)

このようなフレーズを知っておくと、多くの会話シーンで活用できます。

このような言語学に基づいた正しい学習法を実践できることは、語学研究所を持ち語学研究を進めているTORAIZ(トライズ)の大きな強みと言えます。

強み③継続率91%。今まで英語を挫折してきた人でも続けられる


TORAIZ(トライズ)では1年1000時間の学習を続けるために、英語学習を習慣化することを目指します。

具体的には

・1週間の学習計画表を作成。いつ何を学習するか決める
・レッスン日は1年間固定。変更できない
・学習状況管理システムで毎日学習時間を報告

つまり、毎週何曜日の何時からどの学習をするか固定し、学習したかどうかを報告するという仕組みです。

この仕組みにより、「今日はやらなくていい」「振替にしよう」という逃げ道はなくなります。

英語学習が習慣となり当たり前に勉強するように作られているのです。

この習慣化を支えるのが受講生一人ひとりにつく専属コンサルタント

2週間に1回の面談や毎日のメールサポートで受講生を支えます。

やはりコンサルタントなしで一人で勉強しようとしても、長期間続けることは難しいです。

これまでの勉強でも、塾や予備校に通っているときなら頑張れたけど、自分一人でやろうとしても続かないことが多いですよね。

独学では約87%の人が3ヶ月以内に勉強を挫折してしまうというデータもあります。

一番大変なのは最初の1ヶ月。ここで習慣化できるかどうかがカギになるようです。

TORAIZ(トライズ)なら専属コンサルタントが習慣化を助け、挫折を防ぎます。

ネイティブ講師と日本人コンサルタントが二人三脚で受講生の悩みを解決し、モチベーションを高めるため、学習の継続率は91%。

これまで一人で勉強しようとしても続かなかった諦めてしまった英語を、続けられる仕組みがTORAIZ(トライズ)にはあります。

TORAIZ(トライズ)と従来の英会話教室比較

ここまでTORAIZ(トライズ)の特徴と強みを確認してきましたが、従来の英会話教室、コーチング英会話とは何が違うのでしょうか。

TORAIZ 英会話教室 コーチング英会話
定着率
期間 1年 1年~ 3ヶ月
月の学習時間 80時間 レッスンのみ 80時間
サポート 毎日 レッスン時 毎日

大きく分けると、

従来の英会話教室は長期的に通って英語に慣れる。レッスン外の負担は少ないというのが特徴でしょう。

逆に2~3ヶ月という超短期スパンで、レッスン外もがっつり勉強。一気に英語力をつけるのがコーチング英会話です。

TORAIZ(トライズ)は長期間通うことで英語学習を習慣化。レッスン外もしっかり勉強。一生使える英語力をつけるというものです。

TORAIZ(トライズ)の講師・コンサルタントを紹介!

レッスン担当のネイティブ講師と学習をサポートする日本人コンサルタント

TORAIZ(トライズ)には、英語のレッスンを行う「講師」と学習計画を立てたり日々の勉強のサポートをする「コンサルタント」が在籍しています。

講師は全員ネイティブ、コンサルタントは全員日本人という構成になっています。

レッスンを担当するネイティブの講師はアメリカ・イギリス・カナダなど全員英語圏出身だそうです。

最近はネイティブ講師と言いながら、フィリピンなど東南アジアの講師も多いので、これは嬉しいですね。

コンサルタントの役割は受講生のサポート全般

コンサルタントは受講生のサポートを行います。

役割は”英語学習の案内人”だと言えるでしょう。

適した参考書を選んでくれる
正しい学習方法を教えてくれる
挫折しそうなときにアドバイスしてくれる

コンサルタントが受講生に寄り添って考えてくれるため、「これが正しい」と自信を持って学習を進められます

対して一人で勉強するときは

参考書、単語帳は多すぎて何がいいのかわからない
自分のやっている学習方法が正しいのかわからない
自信がなくなって挫折してしまう

最初はモチベーション高く始めるのですが、途中で何が正しいかわからなくなり、自信がなくなり諦めてしまう。こういう人は多いと思います。

このコンサルタントのサポート力のおかげで、途中で諦めず続けることができます。

コンサルタントの採用基準はTOEIC800点以上が目安!

TORAIZ(トライズ)のコンサルタントは日本人かつTOEIC800点以上が採用目安となっています。

2019年1月のTOEIC L&Rテストを参考にすると、平均点は578点。
800点を取った場合はなんと上位12.4%に入ります!

しかも800点はあくまで目安。900点オーバーのコンサルタントや満点を取得しているコンサルタントもいるそうです!

採用後は1ヶ月に渡りイングリッシュ・コンサルタントに必要な知識やスキルについての研修があります。

これを乗り越えた人だけが一人前のコンサルタントとして現場で活躍しているのです。

有名な講師・コンサルタント

西下悦正コンサルタント

元々はロンドンで働いていた西下さん。海外での経験を生かせると思い、コンサルタントになったそうです。

自分自身が英語に苦手意識を持っていた経験を生かし、伸び悩んでいる人や苦しんでいる人の気持ちに寄り添う指導に定評があります。

現在ではTORAIZ(トライズ)のコンサルタント・マネージャーとして働いています。

西牧健太コンサルタント


TOEIC満点ホルダーかつ言語学の修士号を取得しているという、まさに英語のスペシャリスト。

受講生のレベルの少し上を意識して、宿題やテストを行うことで受講生のレベルアップを図っています。厳しくも頼れるコンサルタントと言えるでしょう!

TORAIZ(トライズ)の注意点

①1日の勉強量が多い

②料金が高い

③リーディング・ライティングはほとんどやらない

ここまでTORAIZ(トライズ)の特徴やメリットを見てきました。

ただ、いいところばかりではありません。当然注意すべき点もあります。

注意点①1日の勉強量が多い

最初は本当に大変でしたよ。1冊目の教材はかなり簡単なものを選んだのですが、西牧さん(コンサルタント)は気軽な口調で、かなりの分量の課題を出してくるので、毎回できるかできないかギリギリくらいでした(笑)。

※公式HPより引用

1年で1000時間の勉強をするためには、1日2~3時間の学習が必要です。そのため毎日大量の課題が出されます。

口コミでもある通り、コンサルタントはできるかできないかギリギリの量を宿題として出します。

従来の英会話教室は基本的にレッスン内で完結するので、宿題がないことが多いです。

それに対してTORAIZ(トライズ)は1日約3時間分、1週間約20時間分という宿題が出ます。

TORAIZ(トライズ)側も「楽ではないから成果が出ます」「学習量は多いです」と公式HPで述べているぐらいです。

宿題や自学ではなく、レッスンだけで英語力を伸ばしたいという人にはおすすめできません

注意点②料金が高い


TORAIZ(トライズ)の1番人気のコースは12ヶ月コース。金額にして、160万円を超えます。1ヶ月あたり約14万円

例えば、英会話スクールは代表的なところだとグループレッスン週1回で1ヶ月10,000円前後~。マンツーマンで1ヶ月20,000円前後です。

これを見ると確かにTORAIZ(トライズ)の金額は高額に映ります。

しかしレッスン1回あたりの金額を考えるとTORAIZ(トライズ)は約10,000円。

英会話スクールだとグループレッスンでだいたい4,000円前後、マンツーマンレッスンで10,000円前後が相場と考えるとレッスン1回費用は高いとは言えないかもしれませんね。

注意点③リーディング・ライティングはほとんどやらない


TORAIZ(トライズ)は”英語で話せる”ようになることを目標として、トレーニングします。

要望がない限りはリーディングやライティングといった学習は行いません

そのため、リーディング力が問われるTOEICの対策をしたい人や、ライティング力を鍛えたいという人には向いていないかもしれません。

TORAIZ(トライズ)に向いてる人と向いてない人

これまで紹介した特徴や注意点を参考にして、編集部がTORAIZ(トライズ)に向いてる人・向いてない人を考えてみました!

悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください!

こんな人におすすめ!

1つでも当てはまってる人は、TORAIZ(トライズ)の話を聞いてみる価値ありです。

  1. 英語会議の話を理解できるようになりたい人
  2. 英語でのプレゼンテーションの自信がない人
  3. 留学・出張が控えている人

こんな人には向かない…

  1. 特に目標はないが英語を学びたい人
  2. 短期集中で英語を話せるようになりたい人
  3. リーディング・ライティング力をつけたい人

 

具体的なレッスン・サポート内容

①コンサルタントと学習計画を立てる
②自宅学習
③ネイティブ講師との会話レッスン
④専属コンサルタントとの対面テスト
⑤月に1回のVersant受験でレベルチェック

内容①現状の英語力・目標をもとにコンサルタントと学習計画を立てる


第1回目の授業は、コンサルタントと目標設定や学習計画を立てます。時間は2時間しっかり使います。

具体的には

・VERSANT試験で英語力を測定
・ネイティブ講師とのフリートークで英会話力を測定
・1週間の学習計画の策定

まずはVERSANTとフリートークで現状の英語力を測ります。

そして目標に達成するためにはどのような学習をすればいいか、目標から逆算して学習計画を立てます。

TORAIZ(トライズ)では入会してからの1年を「英語力を上げるという1年に渡るプロジェクト」と捉えます。

コンサルタントやネイティブ講師は、プロジェクトチームの仲間という位置づけで、受講生を支えてくれるからプロジェクトを達成できるのです。

内容②週18時間の自宅学習(スピーキング・シャドーイング・予習)

1年で1000時間の学習を行うために、レッスンとは別に自分で勉強することは大きく3つあります。

週4時間のスピーキング学習


一人ひとりの目標に応じた英会話フレーズを専用教材で学習します。
日本語→英語という頭の中で変換していたものを、すぐに英語で言葉が出てくるようにトレーニングをします。

例えば
『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』
『ネイティブなら日本のきちんとした表現をこう言う 英会話きちんとフレーズ100』

といった教材を使うそうです。レベルが上がるにつれて使う教材もどんどんレベルアップしていきますよ。

目安学習時間は週5回4時間。1日あたり約50分です。

週12時間のシャドーイング学習


ネイティブが自然に話す音声を聞き取り、その音声を繰り返すことでリスニング力と発音を鍛えるのがシャドーイングです。

題材は、高校生用のリスニング教材から映画のスクリプトまでレベルに応じて選定します。

映画は「プラダを着た悪魔」「マイインターン」などを使います。

なぜこの題材が良いのか?

これは日常シーンでの会話とビジネスシーンでの会話が適度に行われるからです。

ビジネス英語を習得したいという人にはおすすめの教材だそうです。

TORAIZ(トライズ)では専属コンサルタントがその人に合ったシャドーイングの工夫を教えてくれます!

目安学習時間週5回12時間。1日あたり約150分です。

週2時間のレッスンの予習


週2回のオンラインレッスン、週1回のグループレッスンのための予習を行います。

1回のレッスンをより効果的にするために予習は非常に大切な学習です。
予習内容についても専属のコンサルタントのサポートを受けながら進めていきます。

例えば

グループレッスンではニュースや新聞記事を題材にして、自分の意見を発信したりディベートする機会があります。

授業の予習としてニュースや記事に予め目を通し、意見を考えておくといった形です。

目安学習時間は週6回2時間。1日あたり約20分です。

内容③ネイティブ講師との会話レッスン

週2回のskypeレッスン


ネイティブ講師とのマンツーマンでの英語ディスカッションが週に2回あります。

レッスンはそれぞれのライフスタイルに合わせて、skypeで行います。

1回30分を週2回。

会社出勤前の平日朝にレッスンを行う人が多いようです。

また、まずは日本人講師との英会話の練習からはじめることも可能です。

その後、レベルアップ状況を確認しながらネイティブ講師とのレッスンに切り替えることもできます!

週1回の少人数グループレッスン


英語ディスカッションの練習を少人数グループレッスンで行います。人数は最大4人+ネイティブ講師1人。

対面での練習なので、実際に英語を使うシーンに近い形でレッスンを受けることができます!

グループレッスンだと6~8人の英会話教室が多い中、

最大でも生徒4人の少人数制という点も嬉しいですね。

忙しくて教室に出向けない、地方で通えない人はskypeでも受講することができます。

内容④2週に1回の専属コンサルタントとの面談(プログレスチェック)


2週間に1回専属のコンサルタントと面談を行い、学習の進捗状況の確認を行います。

面談内容は、学習への悩み相談からVERSANTという試験の振り返りなど様々です。

レッスンをするわけではなく、モチベーションを高める機会となっています。

内容⑤月1回のVERSANT受験でレベルチェック

毎月1回、世界標準英語スピーキングテスト「VERSANT」を通して、成長を記録していきます。

「VERSANT」は簡潔に言うと、
英語を母語としない人のスピーキング能力とリスニング能力を測るテストです。

特徴はネットで受験可能ですぐに結果が確認できること。

「VERSANT」はグローバル企業や省庁の採用シーンで活用されています。
具体的には世界90か国以上に展開するヒルトンホテルや米国国防省でも使われています。

受験のたびに「ERSANTのスコアが上がっていくことで、学習の効果を受講生が実感するとともに、受講生自身のモチベーションの維持にもつながっています。

VERSANTについて詳しく知りたい人は以下の動画をご覧ください。

TORAIZ(トライズ)のコースと料金・価格

 

期間 料金(税込) 面談回数 レッスン回数
3ヶ月 636,120円 6回 36回
6ヶ月 988,440円 12回 72回
12ヶ月 1,683,080円 24回 144回
※2019年4月の料金改定に対応した金額となっています。

TORAIZ(トライズ)には現在3ヶ月~12ヶ月のコースがあります。

お、短期間コースもあるんですね。と思いますが、TORAIZ(トライズ)のスタンスとしては12ヶ月通うことが基本

実際に12ヶ月コースが1番人気になっており、無料カウンセリングでも12ヶ月通うことを前提として説明されます。

TORAIZ(トライズ)の料金支払い方法

12ヶ月コースの場合の月払いか一括払いを選択する人がほとんど。
それぞれの金額とどちらがお得か見ていきましょう。

月払い 一括払い
入会金 50,000円 50,000円
コンサルティング費用 185,000円 185,000円
月額 118,000円
合計金額(税込) 1,783,080円 1,683,080円

※2019年4月の料金改定に対応した金額となっています。

月払い×12回の合計金額は1,783,080円、12ヶ月一括払いは1,683,080円。
12ヶ月一括払いの方が10万円お得になっています。

15万円OFFの割引キャンペーン

時期によってですが、TORAIZ(トライズ)では15万円OFFキャンペーンを行っています。

適用されるためには

・6ヶ月一括払いもしくは12ヶ月一括払いを選択
・無料カウンセリングで15万円割引申込書に署名
・無料カウンセリングから3日以内に指定された金額を入金

この3つのステップを踏む必要があります。

12ヶ月一括払いの場合は

1,783,080円-150,000円=1,633,080円。

お得に受講することができます。

現在もキャンペーンがやっているかどうか、カウンセリングで聞いてみましょう。

 

支払いは銀行振込のみ。クレジットカードは使えないので注意!

TORAIZ(トライズ)の料金支払い方法は全コース銀行振込、口座振替のみです。

クレジットカードやローン・分割払いは対応していないので注意が必要です。

途中解約は?全額保証制度はある?延長保証も!

TORAIZ(トライズ)では、6ヶ月以上のコースに申し込んでいる場合のみ、全額返金保証、途中解約保証、無料延長保証を受けられます。

全額返金保証

TORAIZ(トライズ)では、「サービスに満足できない」となった場合、1ヶ月以内であれば全額返金を請求できます。

一般的に全額返金保証は、条件が複雑であったり、色々理由をつけて返金されなかったりといったことが起こります。

しかしTORAIZ(トライズ)は特別な条件なしで全額返金に対応してもらえます。

途中解約保証

途中解約保証は受講開始から1ヶ月以上たった場合の返金制度です。

残りの期間の受講料から解約手数料を引いた金額が返金されます。

他社にはほとんどない解約保証なので、安心して通えますね。

無料延長保証

万が一6ヶ月もしくは12ヶ月しっかり学習したにもかかわらず結果が出なかった場合、無料で延長受講することができます。

6ヶ月の場合は1ヶ月間の延長、12ヶ月の場合は3ヶ月の受講期間を延長することができます。

コンサルタントさんによると今まで無料延長保証を使った人はいないそうです。

理由は、6~12ヶ月しっかり学習している人は全員結果が出ているから。

TORAIZ(トライズ)のプログラムをちゃんとこなせれば成果は必ず出ると言えるでしょう。

TORAIZ(トライズ)の口コミ・評判を調査!実際に効果、結果は出る?

ここまでTORAIZ(トライズ)の内容や料金を説明してきました。

ただやはり気になるのは、口コミや評判。

今回はいい口コミ・残念な口コミを3つずつご紹介します!

いい口コミ・評判・体験談

いい口コミ①英語のインプットとアウトプットの量が桁違い!

語学留学では気づけなかったアウトプットの重要性を実感

4ヵ月間の語学留学を終えた後に、英語に触れる機会を減らさないようにトライズで1年間勉強を続けました。語学留学の授業はグループレッスンが中心ですので、発言の回数はどうしても限られてしまいます。

~中略~

英語力の上達にはアウトプットが重要だと認識し、徹底的にインプットからアウトプットを繰り返すことが上達の近道なんだと思えるようになったんです。語学留学でもパーソナルレッスンを選べますが、高額なお金が必要になります。それなら、留学と変わらない金額で質の高い勉強効果が得られるトライズはとても効果的だと思います

※公式HPより引用

TORAIZ(トライズ)は週2回ネイティブ講師とのマンツーマンレッスンに加え、週1回のグループレッスンがあります。

毎日の自主学習で1日3時間のインプット時間を確保。

週3回のネイティブ講師とのレッスンでアウトプットの時間を確保します。

徹底的にインプットとアウトプットを繰り返すことで、大きく英語力が伸びるのです。

いい口コミ②海外でも通用する英語力をつけられる

ID非公開さん
2018/6/1211:51:22

海外赴任が急遽決まり今後の仕事のためにも英語を習得して英会話を上達したいです。このような私に対応してくださる英語学校がありましたら教えて頂けますと助かります。
よろしくお願い致します。

ベストアンサーに選ばれた回答

era********さん
2018/6/1620:59:09

現在、海外赴任中ですが私は日本にいる時にトライズを利用していました。
英会話は苦手でまったく話せない私でしたが、この学校に通ったおかげで今の海外での仕事もスムーズに進められております。参考にしてみてください。

※yahoo知恵袋より引用

TORAIZ(トライズ)は”英語で話す”ことに特化しているため、日常会話にもビジネス会話にも対応しています。

自主学習やレッスンでも、「IT業界の人にはIT用語」「金融業界の人には金融用語」といったように目的に応じて必要なフレーズを学習します。

そのため普段の会話に対応できるだけでなく、ビジネスシーンにも対応できる英語力を養います。

いい口コミ③英語の学習が習慣化。卒業後も英語の勉強が苦にならない!

繰り返し学習することの大切さを実感しトライズ時代の教材に再度挑戦

自分の状態に合った教材を薦めてもらえたのも、トライズの良かったことの一つです。

~中略~

その成果もあり、英語がすんなりと耳に入ってくるようになり、英語が本当に楽しいものになっていきました。
トライズを卒業した今も、かつて学習していた映画の教材を改めて取り組み始めました。1日3時間とはいきませんが、通勤や朝の時間を活用して1時間半から2時間は英語に触れています。今は、勉強という感覚はなく、教材に出てくるセリフを自分のものにしようという考えになっています。1年の勉強でしっかりと土台はできていると思いますので、あとは自分で積み上げていくだけ。同じものを繰り返しやれば、それで身につくことがわかっていますので、今はその方法を使い英語力アップにつなげています。

※公式より引用

英語学習を1年間続けたことで、勉強することが習慣になったということです。

歯磨きや入浴と同じように、当たり前に英語を勉強できるようになれば卒業後も英語学習を継続しやすいです。

残念な口コミ・体験談

残念な口コミ①文法やリーディングの勉強はほとんどない

TORAIZ(トライズ)は”英語を話す”ことに特化しているため、文法やリーディングの勉強はほとんどありません。

文法やリーディングを特に勉強したい人にとっては満足度が低いように思います。

残念な口コミ②継続的に勉強し続けないと英語力が落ちる

いくら1年間TORAIZ(トライズ)に通い続けることができても、その後も学習を継続しないと英語力は落ちてしまいます。

1日3時間とは言わなくても1時間でも勉強を継続することが大切です。

残念な口コミ③英語初心者には合わないかも…

ID非公開さん
2017/12/1315:50:00

英語初心者にオススメの英語スクールを教えてください!

 

ベストアンサーに選ばれた回答

hat********さん
2017/12/1316:11:06

英会話スクールで、英語をマスターするのは、お止めになった方が宜しいと思います。
私は業界に30年程、居りまして、その「カラクリ」を熟知しております。

英会話スクールとは、「中・上級者」(英検最低2級、TOEIC・650点以上)の力があれば、効果は期待できる「場合もある」と言えましょう。

スクールではなく、「NHKラジオ英会話」を徹底的に暗唱する方が、確実です。

その他の、初心者向けの書籍等に就いては、テーマが異なりますので、改めて、ご質問ください。

※yahoo知恵袋より引用

TORAIZ(トライズ)では中学高校での英語学習を前提として学習をしていきます。

そのため、中学高校での英語をほとんど覚えていない。という人には別の方法が向いているかもしれません。

TORAIZ(トライズ)の無料カウンセリング体験談

TORAIZ(トライズ)の無料体験に行った筆者が、体験談を詳しくお伝えします

軽く筆者について話すと、海外は大学生の時に旅行で行ったぐらい。普通の日本人です。

3年前に目標としていたTOEIC800点を越えたことで満足(?)。英語の勉強もそこからやっていません。

特にスピーキングが苦手。困っている外国人がいても目線をそらしてしまうタイプです。

それでは早速無料カウンセリングの流れと内容をご伝えします。

①受付・カウンセリングシート記入

第一印象は、「すごいおしゃれ」。木目調に統一された教室で、自習スペース、面談ルーム、グループレッスンルームに分かれています。

コーヒーメーカーもありました。

昼すぎに伺ったのですが、自習スペースではシャドーイングをするスーツの受講生さんが1人。昼休みや空き時間を使って自習しに来ているようです。

面談ルームに案内され、カウンセリングシートを記入しました。(コーヒーもいただきました)

カウンセリングシートの内容は

・これまでの英語学習・通っていた英会話教室
・英語に関しての悩み
・1年後どのようになりたいか
・現在の英語力(TOEICなど)
・レッスンの希望曜日、時間
・氏名、住所、電話番号、メールアドレス
・職業、通勤方法、通勤時間

A4両面でだいたい10分あれば書き終わる量でした。

②カウンセリング

カウンセリングシートを書き終わったところでコンサルタントさんが登場。

20代半ばぐらいのしっかりした印象の男性でした。

先ほどのカウンセリングシートを元にコンサルタントさんからカウンセリングを受けます。

具体的には

・これまでの英語学習について
・苦手なところ
・英語を学ぶ目的、目標
・1年後どうなりたいか

といった内容です。

ただ聞くだけでなく、「TOEICの点数が素晴らしいですね」とか「目的が明確でいいですね」など誉めてくれるので非常に話しやすかったです。

きっと普段の面談でもこのように話しやすい雰囲気を作っているのでしょう。

③TORAIZ(トライズ)のプログラム・料金など説明

カウンセリングが一通り終わったところでTORAIZ(トライズ)のプログラム、料金説明に移ります。

料金説明用のファイルと資料で説明していただきました。

内容は

・なぜ1000時間の学習が必要か
・1週間の学習計画モデル
・シャドーイング、スピーキングの学習教材・方法
・ネイティブ講師とのレッスンについて
・コンサルタントとネイティブ講師のサポートについて

こんな感じでした。

特に1週間の学習計画モデルは、会社員の場合、主婦の場合、経営者の場合など複数パターンあって参考になりました。

④Q&A

説明を終えた後は、聞き損ねたところや聞きたかったところを質問できます。


やっぱり1年1000時間続けるのって自信ないんですが…


コンサルタント

正直大変なのは最初の1ヶ月です。そこで習慣にできればあとは辛くないですよ。


コンサルタント

挫折してしまう人は最初の1ヶ月でリズムを作れなかった人ですね。

 


シャドーイングってやったことないんですが…


コンサルタント

シャドーイングは映画などの音声を聞いてそのまま繰り返すというものです。最初は難しいですが、2~3ヶ月でコツがつかめますよ。


コンサルタント

シャドーイングはリスニング力もスピーキング力も鍛えられるのでおすすめです。

 


ネイティブ講師の方も専属ですか?


コンサルタント

はい、コンサルタントと同じくネイティブ講師も専属で1年間変わりません

 


レッスンの振り替えはできますか?


コンサルタント

レッスンの振替には対応していません。一度振替すると英語学習が習慣化できないのです。


コンサルタント

大変でもレッスンの日程を固定することで英語学習を習慣にします

 


グループレッスンってめっちゃ英語できる人とも一緒になりますか?少し怖いんですが


コンサルタント

グループレッスンは同じレベルの人と合わせてレッスンを組むので安心してください。


コンサルタント

万が一同じレベルのグループレッスンがなければskype授業が代替となります。

全体の感想

印象としては、まず教室が洗練されている。おしゃれで自習もでき、面談用の部屋は10以上。充実しています。

昼間でも会社員の方が自習しているのは、使いやすいとか集中できるという理由からだと思います。

学習については1年間1000時間というプログラムに自信があるというのがひしひしと伝わってきました。

最も印象的だったのは、
「我々は1年で英語を話せると謳っていますが、他社さんは英語を話せるまで言い切っているところはないと思いますよ」
という話。

確かに2~3ヶ月の短期プログラムのような英会話スクールでは、「英語を話せるようになる」とまでは断言していないのです。

それをあえて断言できるのはプログラムへの自信の表れだと言えます。

TORAIZ(トライズ)の原点は「ハッタリ」からだった!?会社設立秘話

TORAIZ(トライズ)創業者三木雄信さんは、元々ソフトバンクの社長室長として孫正義社長を支えていた人です。

孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきた すごいPDCA』の著者と言った方がピンと来る人もいるかもしれません。

三木社長は東京大学出身。
そう聞くと当然英語が話せるような印象を持ってしまいますが、実は大の苦手だったそうです。

「ハッタリ」から始まった英語学習

三木さんはソフトバンク入社後孫正義社長から「英語はできるか?」と聞かれたときに、「日常会話ぐらいなら」と言ってしまったそうです。

本当は全く話せないのに。

そしてこの「ハッタリ」が後日バレてしまいます。

ヤフーの創業者ジェリー・ヤン氏などとのミーティングの際に、孫正義社長が話を振ったにもかかわらず全く受け答えができなかったのです。

挙句の果てにはジェリー・ヤン氏にも呆れられてしまう始末。

このミーティングを経て三木社長は、「このまま英語ができなくては、クビになる」と危機感を持ち英語学習を始めました

孫正義社長の英語力を目標に

英語を学習するにあたって三木社長は目標レベルを「孫社長の英語力」に定めました。

孫正義社長の英語を聞いて、何も流暢に話せたり、難しい単語を知っている必要はないということに気づいたのです。

実際に以下の孫正義社長の講演を聞いてみてください。

お世辞にも流暢な英語とは言えないと思います。

単語も非常に簡単ですし、発音も日本人っぽい印象があります。

それでも孫社長は世界のトップ経営者や国の要人とも交渉をこなしてきたのです。

ソフトバンクがiphoneの販売権を得られたのも、Appleのスティーブ・ジョブズ氏を孫社長が説得できたらからなのです。

三木社長が目指した、そしてTORAIZ(トライズ)が目指すのはまさしくこの「孫正義の」英語力なのです。

無駄を削ぎ落とした学習法

孫正義社長の室長という日本で最も忙しい役職にいた三木社長。

時間がない中で効率的な英語学習をしないといけない。

その結果無駄をなくした学習法が出来上がりました。

まず、学習はスピーキングとリスニングのみ。リーディングとライティングはやらない。

教材は洋画のスクリプト1冊と頻出フレーズをまとめたノート1冊。合計2冊。

この学習を1年間続けた結果、「誰にも負けない英語交渉力」をつけることができたのです。

その後は管理本部長やサービス企画本部長、光本部長などの役職を兼任・歴任するなど幅広い分野で活躍し、2006年にTORAIZ(トライズ)を運営する「トライオン株式会社」を設立しました。

お気づきになった人もいるかもしれませんが、TORAIZ(トライズ)「1年間で英語を話せるようになる」というプログラムは、三木社長の実体験から作られたのです。

まずは無料カウンセリングから

以上が1年1000時間の英語学習をするTORAIZ(トライズ)でした。

筆者は公式HPを調べ、競合他社を調べ、実際に体験に行ってみて、「英会話」ができるようになるために無駄を削ぎ落とした姿勢が非常に印象的でした。

TORAIZ(トライズ)はリーディング・ライティング・発音には力を入れないと公言しています。

1年やれば英語を話せるようになる」という自信の表れのように感じました。

TORAIZ(トライズ)は多くのコーチング英会話と違い、期間が長く、その分金額も高めに設定されています。
そのため、編集部としては、しっかり検討することをおすすめします。

カウンセリングは無料で受けることができるので、この記事ではまだわからなかったことを質問したり、教室の雰囲気を体感してみてはいかがでしょうか。

教室一覧

東京8か所、神奈川1か所、大阪2か所に展開しています。

霞が関センター(東京都)

住所 東京都千代田区霞ケ関3-2-5
霞が関ビルディング13階
営業時間 【火~金】13:00~20:00 
【土】10:00~17:30
最寄り駅 銀座線「虎ノ門」駅徒歩2分/日比谷線・千代田線・丸ノ内線「霞ヶ関」駅徒歩9分

新宿センター(東京都)

住所 東京都新宿区西新宿1-25-1
新宿センタービル30階
営業時間 【火~金】13:00~20:00 
【土】10:00~17:30
最寄り駅 JR線・小田急線・京王線・東京メトロ丸ノ内線「新宿」駅徒歩5分/都営大江戸線「都庁前」駅徒歩2分

田町三田センター(東京都)

住所 東京都港区芝4-13-4
田町第16藤島ビル8F
営業時間 【火~金】13:00~20:00 
【土】10:00~17:30
最寄り駅 JR山手線「田町」駅徒歩5分/都営三田線「三田」駅徒歩2分

赤坂センター(東京都)

住所 東京都港区赤坂2-14-27
国際新赤坂ビル東館2階
営業時間 【火~金】13:00~20:00 
【土】10:00~17:30
最寄り駅 千代田線「赤坂」駅徒歩1分/銀座線・丸ノ内線「赤坂見附」駅徒歩8分

銀座センター(東京都)

住所 東京都中央区銀座8丁目8-5
陽栄銀座ビル6階
営業時間 【火~金】13:00~20:00 
【土】10:00~17:30
最寄り駅 JR線・銀座線・浅草線「新橋」駅徒歩6分/銀座線・日比谷線「銀座」駅徒歩7分

秋葉原センター(東京都)

住所 東京都千代田区神田松永町4-1
ラウンドクロス秋葉原10階
営業時間 【火~金】13:00~20:00 
【土】10:00~17:30
最寄り駅 JR山手線・東京メトロ日比谷線・つくばエクスプレス「秋葉原」駅徒歩2分

丸の内オアゾセンター(東京都)

住所 東京都千代田区丸の内1-6-5
丸の内北口ビル12階
営業時間 【火~金】13:00~20:00 
【土】10:00~17:30
最寄り駅 東京メトロ東西線「大手町」駅直結/JR、東京メトロ丸ノ内線「東京」駅徒歩3分

池袋センター(東京都)

住所 東京都豊島区西池袋1-11-1
メトロポリタンプラザビル14階
営業時間 【火~金】13:00~20:00 
【土】10:00~17:30
最寄り駅

JR「池袋」駅直結

横浜みなとみらいセンター(神奈川県)

住所 横浜市西区みなとみらい2-2-1
横浜ランドマークタワー11階
営業時間 【火~金】13:00~20:00 
【土】10:00~17:30
最寄り駅 JR線・横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町」駅徒歩5分/みなとみらい線「みなとみらい」駅徒歩3分

梅田センター(大阪府)

住所 大阪府大阪市北区梅田1-12-12
東京建物梅田ビル14階
営業時間 【火~金】13:00~20:00 
【土】10:00~17:30
最寄り駅 JR「大阪」駅徒歩2分/JR東西線「北新地」駅徒歩3分

なんばセンター(大阪府)

住所 大阪市中央区難波5‐1‐60
なんばスカイオ28階
営業時間 【火~金】13:00~20:00 
【土】10:00~17:30
最寄り駅 南海各線「南海なんば」駅徒歩1分/地下鉄御堂筋線「なんば」駅徒歩2分

オンラインセンター

住所
営業時間 【火~金】13:00~20:00 
【土】10:00~17:30
最寄り駅

関連記事

  1. b-わたしの英会話の口コミ・評判

    bわたしの英会話の口コミ・評判【オトナ女子限定!?】

  2. GABAの口コミ・評判

    【マンツーマン一筋24年】GABA(ガバ)の口コミ・評判まとめ

  3. スタートアップイングリッシュの口コミ・評判

    スタートアップイングリッシュの口コミ・評判は?【低価格でビジネス英語を学べる!】

  4. ALUGOの口コミ・評判

    ALUGO(アルーゴ)の口コミ・評判を調べてみた【スマホ一台でレッスン完了⁈】

  5. プレゼンスの口コミ・評判

    業界最老舗!PRESENCE(プレゼンス)が口コミ・評判で大人気な理由とは?

  6. ECC外語学院の口コミ・評判

    ECC外語学院の口コミ・評判【大手の本気!「成果保証制度」付き】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。